Welcome to AKG Sound Design.
岩手県一関市にて、全てハンドメイドでギター・アンプ、エフェクター等を作っています。
音にこだわり抜いた自信のプロダクトばかりです。
本当に良い音を追求する全てのミュージシャンのご利用をお待ちしています。
What's New
オススメ!
Overdrive Custom 100WPremium "HEAD"【受注生産品】

Overdrive Custom 100WPremium "HEAD"【受注生産品】[ODC-100P] 

325,000円~
ODCのラインナップでは最大出力のモデルです。 長年Dumble Overdrive Specialを研究した成果を結集した自信作です。全て1つ1つ…
Overdrive Custom 36WPremium "HEAD"【受注生産品】

Overdrive Custom 36WPremium "HEAD"【受注生産品】[ODC-36P] 

245,000円~
出力可変機能を搭載したフラッグシップ・モデルです。 長年Dumble Overdrive Specialを研究した成果を結集した自信作です。全て1つ…
Overdrive Custom 5WPremium "HEAD"【受注生産品】

Overdrive Custom 5WPremium "HEAD"【受注生産品】[ODC-5P] 

195,000円~
Dumble Overdrive Special 小出力で更に出力を可変できます。 長年ODSを研究した成果を結集した自信作です。全て1つ1つ、厳選…
Overdrive Custom 5W "HEAD"【受注生産品】

Overdrive Custom 5W "HEAD"【受注生産品】[ODC-5] 

130,000円~
Dumble Overdrive Special 小型小出力決定版です。 長年ODSを研究した成果を結集した自信作です。全て1つ1つ、厳選したパーツ…
Builder's Blog
Ethos modefy
Ethos Modのご依頼をいただきました。(と言っても、また古い話になってしまってすいません。)
今回はEthosのスイッチの他に「CH SEL」と「Boost」を外部からのLatchでもコントロールしたいというご依頼でした。スイッチャーのコントロール信号で切り替えられるようになるわけです。

構想としては外部のコントロール信号と本体のフットスイッチをマイコンで監視して状態が変わると機能をON・OFFするような制御にします。
 ただし、この場合、本体のスイッチで「ON」「OFF」にして外部から「ON」になった場合、本体スイッチを押すと次は「ON」ではなくて「OFF」になり、状態がひっくり返ります。この場合はもう一度本体のスイッチを踏んでいただくことで納得いただきました。

切り替えは音質を考えてリレーを使用します。しかし、今回電池も使用したいため、通常のリレーでは消費電流が大きすぎ使えないので、マイコンを使っていることもあり、初のラッチ型リレーを使用してみます。これはコントロール端子にパルス信号を入れてやるとON・OFFが切り替わる仕組みのリレーです。動作は動画のようになり一見ただON/OFFしているだけなのですが、結構高度な制御が必要でしたが、狙い通り消費電流はほとんど気にならないレベルです。9Vリレーだと状態によっては100mA程度流れる事があるので、これは助かります。
 動作のデバッグボードを作った様子です。LEDはリレーのON/OFFを表し、スイッチは本体のスイッチと外部コントロールの信号を表します。


 

20170920_171706.jpg 
 設計した回路を基板にします。


これをEthosに組み込んだところです。
20170928_104427.jpg 

完成後の写真です。特に変わったところはなく、後ろにステレオフォーンジャックが1個追加になっていて、これで外部ラッチ信号を受け付けます。

20171004_093548.jpg 20171004_093540.jpg

動作の様子です。
外部ラッチはスイッチでコントロールしてます。